ルサージュの思い出②

こんにちは。


今日はルサージュでの思い出について書きました。


現在のエコール・ルサージュは、教室が1階と2階に分かれていて、

2Fの教室に行く途中の踊り場には、この机が置いてあります。

これはルサージュ氏が生前に使用していたデスクで、

「Broderie」と書かれた、

美しく大きな刺繍がデスクの上に飾られています。


そして奥の棚には、ビンテージのものと思われるビーズの数々がならんでいます。



ルサージュ氏(フランソワ・ルサージュ)は、

ルサージュが創業してから、20歳にも満たない頃にメゾンを引き継ぎ、

現在の成功に導いた方です。


ディオール、シャネル、バレンシアガ、etc…

錚々たるトップメゾンのコレクションに欠かせない刺繍の数々は

彼が支えてきたと言っても過言ではないと思います。



以前先生にルサージュ氏がどんな人だったか伺ったところ、

「彼は何でも燃やしていたわ(笑)」と?!なコメント。

彼はとても探究心、遊び心があった人のようで、

刺繍に使用するビーズやスパンコールなどに独特の風合いを出したいような時、

よく燃やしていたということでした(笑)。

ルサージュ氏が死去した際の記事。彼の生前の様子がうかがえます。


このエピソードをきいてから、

活き活きとしたルサージュ氏の姿が想像できるようになったというか、

親しみが勝手に沸くようになりました(笑)



やっぱりものづくりの先駆者は、大胆で常識にとらわれない

自由な精神を持っているものなんですね。


この前を通ると、そんな彼の気配を感じる気がして、

ワクワクと少しドキドキする感覚を味わっていました。



Youtubeで、ルサージュ氏が手がけた

バレンシアガの1968年 のコレクションを再現する映像を見つけました。


いろんな素材を自由に使っていて、

遊びココロも満載で、

本当にこれはもう芸術って感じです!(笑)


まだまだ長い道のりになりそうですが、

私もこんな風にいつか、

自由な発想で刺繍ができるようになりたいな、と思います。



本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。


今日はまた寒い1日となりましたが、春はすぐそこ!

素敵な夜をお過ごしください。

KAORI embroidery

東京、静岡、パリを拠点に活動するオートクチュール刺繍作家のブログです。作品やワークショップのご案内、また刺繍によりそった日々の暮らし等をご紹介してまいります。