ルサージュの思い出 ①

去年の今頃は、

まだルサージュでniveu 6の終わりの方を学んでいました。

時が経つのは本当に早いですね。


あっという間にあれからもう一年。

毎日を大切に過ごさなくちゃ、と改めて思う今日この頃です。


今日は初めてルサージュに登校した日のことについて、

思い出してみようと思います。


ルサージュ初登校の日のことは、

今でも昨日のことのように覚えています。


いよいよ始まるワクワク感と、本当に私にできるのかしら?という不安感。

緊張して落ちつかず、結局少し早めに家を出ました。


が、しかし、

なんとスタート時間を1時間も間違えていて、

授業が始まる1時間半も前に到着していたのでした。。。


そんなこととはつゆ知らず、

そしてもちろん、誰もいるわけもなく、

不安にかられながら仕方なく、すぐ隣にあるカフェに入りました。


☆写真はルサージュの前の道。歩いてる人の後ろに見えるのがそのカフェです。

毎日見ていた日常の景色。

 


そのカフェはいつも常連のパリジャン、パリジェンヌたちで朝から賑わっていて、

いかにもパリっぽい朝の風景を

ドキドキした気持ちで眺めていました。


30分ほど経った頃、誰かが入って行くのが見えたので、

急いで追いかけ、中に入れてもらい、

そのスタッフの方から正しい始業時間を教えてもらったのでした。


私はこの手のおっちょこちょいな間違いがちょくちょくあります。

自分で呆れますが、うまくつきあっていくしかないですね(笑)



ルサージュの入り口には、

一人がけの座り心地の良い椅子が置いてあって、

そこに腰掛けながら、これから始まる新しい日々をドキドキと想像しながら

授業が始まるのを待っていました。


授業開始の10分前あたりからポツポツと人が来始めたのですが、

最初に入って来たのはなんと日本人。

私は本当に嬉しくて、ホッとして、ごあいさつ。


そのあと入って来た人を緊張して見てみると、

これまた日本人。

結局その後連続4人くらい日本人が続き、

日本におけるルサージュ人気に本当にびっくりしました。


15人程度いたであろう生徒のうち、その時期の半分くらいは

日本人だったのではないか、と思います。


けれどそれは時期にもよるようで、年末あたりには半分以下になっていました。

なにはともあれ、そんな感じで無事ルサージュでのスタートをきった私なのでした。

今や懐かしい、少し笑える思い出です。



今日は朝からワークショップの準備をしています。

みなさんに喜んでいただけるような素敵なものを作りたい。

その思いで、あーだこーだ一人葛藤しながら進めております(笑)。



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさまも素敵な1日をお過ごしくださいな☆

KAORI embroidery

パリ、東京、静岡を拠点に活動するオートクチュール刺繍作家のブログです。現在はパリのメルスリー ウルトラモッドに勤務しながら、刺繍作家として活動しています。作品やワークショップのご案内、また刺繍によりそった日々の暮らし等をご紹介してまいります。