イヴ・サンローラン・ミュージアム

この間、2017年10月にオープンしたばかりの

イヴ サンローラン ミュージアムに行ってきました。 



アンディ ウォーホールの絵がお出迎え





こちらのミュージアムは 

イヴ サンローランの生涯のパートナーであった 

ピエール・ベルジェ氏が、


サンローランの偉大なる仕事を

財産として後世に伝えたいと願い、実現したそう。 




その発起人でもあるピエール・ベルジェ氏は 

なんとオープン1ヶ月前に他界してしまったのです。



 


彼の代表作のひとつ、サファリルック




 サン ローランの映画で 

二人の深い友情と愛情の歴史を観ていた私は、 



彼の思いがいっぱい詰まっているであろう

館内の素敵さに少し切なくなりました。 


カッコいい☆

 






布サンプルのついたコレクションのプラン表。





 クロッキー画のヘアスタイル一覧表 







 パフスリーブのドレス 。とっても素敵☆








豪華で繊細な刺繍。美しい。


なんてなんて豪華なんでしょう


 

これぞオートクチュール刺繍!という作品が

いくつもありました。


こんな刺繍、ルサージュ終了後、 全然してません。(汗)


久しぶりに豪華な刺繍を目の当たりにして、


とっても興奮して感化されました。



そして刺繍をしたい衝動にかられました。






館内には彼のアトリエを再現したお部屋も。 



サンプル用のビジューがデスクに置かれています。キラキラ☆





サファリルックに、布サンプルのついたラフ画も見えます。



オートクチュールドレスの刺繍のサンプルに、小物のデザイン画も。



スワロフスキーのサンプルも置いていますね。




足元には愛犬のものと思われるワンちゃん用の器がありました。(キュン)




  館内にはイブサンローランの歴史を辿る 

短いドキュメンタリーを鑑賞できるお部屋もありました。    




真摯にファッションデザインと向き合ってきた

彼の生涯を身近に感じることができる、


イヴ サンローランの魅力がいっぱいのミュージアム。



本当に長い間、

バタバタした日々を過ごしていたので、


こんなにじっくりと

クリエイティブなものに触れたのは久しぶりでした。



とても新鮮で、クリエイティブスイッチを押されたような気分(笑)



時間は自分で作り出さないと

どんどん過ぎていってしまうと感じる今日この頃。


イヴ サンローランに刺激を受けて、

早く刺繍がしたい!と心から思ったわたし。


時間は自分で作っていかなくてはですです☆


時計をみたら、

あっという間に

まもなく夜中の12時です(汗)。



そして、これまた

あっという間にもう華金!


みなさまも素敵な金曜日、

週末をお過ごしくださいな☆








KAORI embroidery

パリ、東京、静岡を拠点に活動するオートクチュール刺繍作家のブログです。現在はパリのメルスリー ウルトラモッドに勤務しながら、刺繍作家として活動しています。作品やワークショップのご案内、また刺繍によりそった日々の暮らし等をご紹介してまいります。